ストレートネック

■ストレートネックとは

病院などで「あなたはストレートネックです」と言われたことはありませんか?
大概の人は「ストレートネック」という言葉は一度は聞いたことがあると思います。それだけストレートネックの方は多いのです。

首の骨(頸椎)は、7個の骨が縦に積み重なって出来ています。
正常な頸椎は、緩やかなカーブ(前弯)を描いて、頭の重さ(5キログラム以上)が直接骨に加わらないように力を逃がしています。
ストレートネックとは、頸椎のカーブがなくなり、まっすぐな状態、酷い場合は逆のカーブ(後湾)を描いている状態になってしまうことです。

■ストレートネックの原因

ストレートネックの原因は様々なものが考えられます。ケガや加齢などが原因となる場合もありますが、普段の姿勢不良に多くの原因があると考えます。
最近は、首を下に向けてスマートフォンを見ている時間が長いことが原因でストレートネックになる(スマホネック)が増えています。

■ストレートネックの症状

ストレートネックになると、頭の重さをうまく逃がすことが出来なくなったり、歩いている時の足からの衝撃が首まで掛かってしまう状態となり、次のような症状が出てきます。

・首こり、肩こり、頭痛、吐き気
首のカーブが無くなると、頭を支える首や肩周りの筋肉の負担が大きくなり、筋肉が緊張することで血行不良を起こし首や肩こりを起こします。筋肉の緊張が強い場合は頭部への血流を阻害し頭痛(筋緊張型頭痛)、吐き気を起こすこともあります。

・腕や手のしびれ
頸椎のカーブが正常ではないために、頚部の筋肉の過緊張から神経を圧迫し、腕や手のしびれを引き起こすことがあります。

■ストレートネックの当院でのアプローチ

頸椎のカーブを正しい状態にするためには、頸椎だけに着目するのではなく、体の土台である骨盤から正しい状態に調整します。背骨(頸椎、胸椎、腰椎)全体のカーブが正しい姿勢となるように筋緊張などを取っていきます。
また、内臓の位置異常(胃下垂など)によって首肩の筋肉が引っ張られ、肩こりや腕のしびれを引き起こしている場合も考えられますので、腹部の調整も行います。