ランナー膝(膝の外側の痛み)

■ランナー膝とは

ランナー膝とは「腸脛靭帯炎」の俗称で、ランニングなど長時間の膝の曲げ伸ばし動作によって膝の外側が痛くなる症状です。
対照的に、膝の頻繁な曲げ伸ばしによって膝の内側が痛くなる症状を「鵞足炎」と呼びます。

腸脛靭帯は、お尻の外側(大殿筋と大腿筋膜張筋)から始まり、膝の少し下(脛の骨の前外側)で終わる、足の外側を走行する靭帯です。立った状態で足を横に上げる動作(外転)を行う時に、お尻の力を脛の骨(脛骨)に伝達する役割を持ちます。

膝の痛みを伴う代表的な疾患は下記のようなものがあります。

変形性膝関節症
・半月板損傷
・膝の靭帯損傷
鵞足炎

■ランナー膝の原因

ランニングなどで膝の使い過ぎや、O脚、久しぶりの運動、などで症状が出ます。
腸脛靭帯が炎症を起こして痛みを生じます。

ランニングなどの膝の曲げ伸ばしの繰返し動作を行うと、膝の外側を走行する腸脛靭帯の末端が、太もも(大腿骨)の下端(膝付近)の出っ張った部分に擦られます。擦られる動作が過度になると、腸脛靭帯が炎症を起こして膝の外側に痛みを生じます。

■ランナー膝に対する当院のアプローチ

炎症が強く出ているときは、痛みが出ている患部を冷やしたり湿布をしたりしていただきます。患部に触れないように下肢全体の指圧を行います。
骨格の歪み(O脚など)が原因と思われる場合は、姿勢からの根本改善をご提案させていただきます。