坐骨神経痛

■坐骨神経痛の原因となる代表的な整形外科疾患

坐骨神経痛は、何らかの原因で臀部から太もも、指先まで走行する坐骨神経が背骨や筋肉や軟部組織によって圧迫を受けることによって発生します。
坐骨神経が圧迫される原因を大別すると、おおよそ下記のようになります。

<脊椎の疾患>
・椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・腰椎の分離すべり症
・その他

<骨盤部の障害>
・仙腸関節炎
・その他

<絞扼性の神経障害(末梢神経疾患)>
・梨状筋症候群
・その他

■坐骨神経

坐骨神経は腰椎の4番(L4)~仙椎の3番(S3)の神経が吻合し合い(腰仙骨神経叢)、骨盤に付着する梨状筋という筋肉の真下から骨盤を抜け、大殿筋の下を通って太ももの裏側を通ります。膝の手前で2つに分岐し、膝の裏側を通って下行する脛骨神経と、膝の前側、脛の外側を通る神経(総腓骨神経、浅腓骨神経、深腓骨神経)に名前を変えて、足の表側裏側、指先まで到達しています。
したがって、神経痛は、足の指先まで痺れや痛みが出ることがあります。

■坐骨神経痛に対する当院でのアプローチ

まず、どのような痛みや痺れがどこの部位に発生しているか?いつからか?どんな時に症状が出るか?いままでに大きなケガが病気をしたことがないか?生活習慣は?運動歴は?などの問診を行います。問診をすることで、症状が発生した原因を推定します。

次に、坐骨神経痛を引き起こしている原因が何なのかを評価する必要があります。
多くは「シビレ」を伴うため、いくつかの整形外科的なテストを行い、シビレが増強しないか、疼痛が発生しないか、などの確認を行います。

<主な整形外科的なテスト>
・SLRテスト(下肢伸展挙上テスト)
・FNSテスト(大腿神経伸展テスト)

痛みが増強しないように注意しながら、全身を調整していきます。
問診やテストによって、先にあげた疾患が疑われるようであれば、病院でのレントゲン検査やMRI検査をお薦めしたうえで、治療方針を患者様と一緒に考えていきます。