頭痛

■頭痛の種類

現代社会において、頭痛に悩まされている方は非常に多いです。
この記事を読まれている方も、何らかの辛い頭痛にお悩みと思います。
頭痛 アキバ手あて・指圧院
一言で頭痛といっても、いくつか種類があり、予防方法や対処方法も変わってきます。
頭痛は、大きく分けて次の3種類に分類されます。

1. 緊張型頭痛
2. 片頭痛
3. 群発頭痛

1.緊張型頭痛
「緊張型頭痛」は、首や肩、背中に存在する筋肉が凝り、その凝りが痛みとして脳神経へ伝達されて発生します。肩こりが酷くなると頭痛も起こる、という考え方でも良いと思います。

また、別の解釈として、頭蓋骨を覆う筋肉や組織への血流量がストレスや肩こりなどによって阻害され、脳への酸素供給不足で発生するという考えもあります。

緊張型頭痛は、筋肉の凝りが原因で発生するため、指圧療法で改善がし易いと言えます。

2.片頭痛

特徴:
・ズキズキと脈打つような強い痛み
・頭痛が起きる前にチカチカした光が見えることがある(閃輝暗点)
・月に1~2回起きる

片頭痛が起きる原因はハッキリと解明されていませんが、ストレスや疲労、あるいは体内ホルモン分泌量の影響などによって頭蓋骨内部の血管が拡張し、血流量が増える、炎症を起こした結果、頭痛が起こるという説があります。

片頭痛の場合は、指圧やマッサージを受けると頭蓋骨の血流量がより増加する方向に向かうので避けた方が良いです。また、首や頭を温めず(頭蓋骨内の血流量が増えるため)、逆に冷やした方が頭痛が軽減されることが多いです。

3. 群発頭痛

症例は片頭痛よりも多くないようですが、「目をえぐられるような」激しい痛みが特徴です。
一度症状が出始めると、1~2カ月間、毎日のように同じ時間帯に頭痛が現れます。
・目をえぐられるような激しい頭痛
・必ず頭の片側に起こる
・1~2カ月の間、毎日痛みがあらわれる
・痛みの持続時間は1時間~3時間

群発頭痛の原因もはっきり解っていません。頭蓋骨内への血流に関係しているという見方が有力です。激しい頭痛に見舞われるため、病院などで診察を受けた方がよいでしょう。
頭痛 アキバ手あて・指圧院
■緊張型頭痛の症状

次のような症状が出たら、筋緊張型頭痛の可能性が高いです。

・頭の後ろの方(後頭部)が締め付けられるような痛み
・肩や首のこりを伴う
・長時間のデスクワークが続くと痛む
・吐き気も伴う
・首を温めたり、お風呂に入ると楽になる

緊張型頭痛でお悩みの方は、「頭痛になりそうだな!」という予感がする方がおり、頭痛が出る前に予防で指圧を受けにいらっしゃる方が多いです。

頭痛 アキバ手あて・指圧院
■緊張型頭痛の原因

「肩こりが酷くなると頭痛がして吐き気も出ることもある!」という方が非常に多いですが、このようなタイプの症状の方は、緊張型頭痛の可能性が高いと思われます。

「緊張型頭痛」は、頭蓋骨外への血流量がストレスや肩こりなどによって阻害され、頭蓋骨を覆う筋肉や組織の酸素量が減った結果として痛みが発生すると考えてよいでしょう。

■緊張型頭痛の当院のアプローチ

肩こり治療と同じアプローチになります。
全身の状態を確認し、肩こりを発生させている根本の原因を潰していき、肩こりを起こさない体造りをしていきます。
また、肩こりは、ストレスによる自律神経機能の乱れによっても起こります。心的なストレスから解放され、夜間にゆっくりと眠れるように気持ちよい指圧を受けて頂くことが効果を発揮します。