頸椎ヘルニア

■頸椎ヘルニアとは

ヘルニアと聞くと、腰の骨のヘルニア(腰椎ヘルニア)を思い浮かべる方が多くいらっしゃるかと思います。

実は、頸椎(首の骨)でもヘルニアになり得ます。
頸椎は7個の骨で構成され、積み木のように上下に並んでおり、骨と骨の間は椎間板という円盤状の組織で連結されています。椎間板は、頸椎に掛かる力(負荷)に対してクッションの役割を果たします。
ヘルニアは、椎間板の一部(髄核)が何らかの原因で外に出っ張る(あるいは飛び出し)、背骨の中を通る神経を圧迫します。
首には手の指先まで伸びている神経が密集しているため、頸椎ヘルニアによって神経が圧迫されると、腕や手指まで痺れる・重だるいなどの症状が出ます。

■頸椎ヘルニアの原因

頸椎ヘルニアの原因はいくつか考えられます。
頚部に強い負担が掛かったり(例えば、ラグビーなどの激しいスポーツなど)、普段の生活や仕事で首などを捻じった良くない姿勢での作業を続ける、加齢により椎間板の水分が少なくなるなどで、椎間板の中心にある髄核という軟部組織が外側を覆う硬い組織を突き破って神経を圧迫して起こります。

毎日、パソコンを覗き込むように首を前傾させた姿勢で仕事をする方も、頸椎ヘルニアになることがあるので作業姿勢に注意が必要です。

■頸椎ヘルニアの症状

頸椎ヘルニアの症状は、神経が圧迫される場所よって、片側の手や腕に「しびれ」や痛みが生じる場合と、「しびれ」が両腕にみられる場合があります。
また、何となく指の力が入れずらい、洋服のボタンがかけるような細かい動作がしずらいなどの症状が出ることもあります。

■頸椎ヘルニアの検査

髄核が神経を圧迫しているかどうかを画像で確認するには、病院や整形外科でMRIなどの検査をする必要があります。レントゲンでは椎間板は写りません。

当院では、ヘルニアの可能性が考えられる場合は、病院でのMRI検査をお願いする場合があります。

病院で、頸椎ヘルニアと診断されると、保存療法(首の牽引、カラーでの首の定・頚部マッサージなど)で症状の寛解を図りますが、症状が重度の場合は、手術を要する場合があります。

■頸椎ヘルニアに対する当院のアプローチ

頸椎ヘルニアは、脊髄神経や、手指まで伸びている神経の圧迫により症状が発生します。

脊髄の神経は、首(頸椎)だけでなく背中(胸椎)、腰(腰椎)まで伸びています。したがって、頸椎だけに着目するのではなく、体の土台である骨盤から正しい状態に調整します。

背骨(頸椎、胸椎、腰椎)全体のカーブが正しい姿勢となるように指圧(押圧動作)で筋緊張の除去を行い、同時に、血液循環の改善、神経へ軽い刺激を与えるなどを行います。

また、背骨の歪みが内臓の位置異常(胃下垂など)によって発生していることも考えられるため、腹部の指圧による内臓位置の調整や、腹圧の調整なども行います。