症例

右足の踝(くるぶし)の痛みが腰まで響き、正座も出来ない。

1カ月くらい前から右足の踵(くるぶし)に痛みがあり、走ろうとすると右腰のあたりまで痛みが響き、正座も痛くて出来ない。特に原因やきっかけは思い当たらない。

アキバ・手あて 右足の踝

問診

 問診にて、普段の多忙な仕事、お孫さんの子守などをされているため心身ともに疲労蓄積されている。踝の痛みは、お仕事環境の変化と同じ時期から発生していたため、肉体的なストレスが踵に掛かり微小な骨格のズレ、全身の筋緊張、循環異常が考えられた。表面的な体の柔軟性はあったが、深層の柔軟性・張りを感じた。

 主訴の他に、左手の親指の付け根が伸びない。原因は、仕事で物をつかむ動作を頻繁に行うということで母指屈筋群の筋緊張が強くなっていると推測。

治療

 骨盤のズレ、足根骨の調整後、腓骨のズレを調整して、腰までの痛みの響きはほぼ消失。正座時にまだ痛みが出ていたため、仰臥位で踵骨と距骨を調整して痛みが消失。

左手母指は、上腕、前腕の屈筋群を入念に指圧して緊張を取った。

最後に腹部指圧までの全身指圧を行って全身循環を整え治療を終了した。

まとめ

 外踝の痛みは、足根骨と腓骨のズレから発生していたと思われる。症状が発生した時期と原因の因果関係が明確であり急性的な症例だったため、1回の治療でほぼ完治できた症例である。

 引き続きメンテナンス指圧にご来院頂いているが、再発はしていない。

関連記事一覧