患者様のインタビュー

かかとの痛み:1回の治療で痛みは消失しました。

 

主訴

50代の女性、1カ月くらい前から右足の踵(くるぶし)に痛みがあり、走ろうとすると右腰のあたりまで痛みが響き、正座も痛くて出来ない。特に原因やきっかけは思い当たらない。

 

問診・検査

 他にもいくつか症状をお持ちでした。普段の多忙な生活をされているため心身ともにお疲れのご様子。踝の痛みは、お仕事環境の変化と同じ時期から発生していたため、肉体的なストレスが踵に掛かり微小な骨格のズレ、全身の筋緊張、循環異常が考えられました。表面的な体の柔軟性はありましたが、深層の柔軟性・張りを感じました。

治療

 全身の調整、手指、足指末端の各関節の調整。患部付近の骨格ずれ調整。全身指圧。

結果

 立位時の右足足底の痛み消失、仰臥位での距骨踵骨調整にて正座時の右踵の痛み消失。この状態でしばらく様子を見て頂くことにしました。

 その他、全身指圧により、右手母指球筋と小指球筋の痛みと可動を改善させていただきました。

患者様より

 

関連記事一覧