症例

頚椎症と診断を受け、首の付け根・肩甲骨が痛い

3ヵ月くらい前に、右側の首の付け根と肩甲骨が痛むようになった。整骨院を受診したが良くならなかった。その後、徐々に痛みが強くなってきたため、1週間前に整形外科を受診してレントゲン撮影。頚椎症と診断され、湿布と痛み止めを処方されたが痛みが改善しない。
3日前から上腕の重だるさも出たため、何とかしなければと思い当院に来院。

患者様

・40代女性
・期間:2022年1月
・来院回数:治療中

股関節が痛い、詰まり感がある:アキバ手あて指圧院

問診・触診

約1年前から「パワーヨガ」を始めてから、3点倒立など身体を酷使する運動をするようになった。それが原因かどうかは不明だが、最近、身体が硬くなっている自覚がある。毎朝5時に起床して90分ヨガを行い、会社に出社している。ヨガの後のストレッチなどは行っていない。

ジャクソンテスト(陰性)、スパーリングテスト(陽性)。
首の前屈、後屈、後右側と後左側の伸展(4方向とも約30度)で、右首の付け根に痛み発生(シビレ感はない)。
これらより、頸椎症の症状が発生していると言える。

原因

整形外科におけるレントゲン写真から、頸椎の間隔が狭くなっていることと、骨棘があることがわかっている。これらのことが頸部を動かしたときの痛みの原因になっている可能性がある。

また、右上腕に重だるさを感じることもあるため、右側の神経根がどこかで圧迫を受けている可能性もある。

治療

●1回目治療
後頚部~肩甲骨周辺、背中にかけて筋肉の緊張が強い。これらの筋緊張が頸椎・胸椎などの動きを制限して痛みを発生していることが考えられた。よって、これらの周辺の筋肉を押圧によって緩める治療をおこなった。また、頸椎のアライメント調整を行った。

治療の結果、頸部の左右回旋の可動域が広がった。首を後右側に曲げたときの痛みは和らいだが、ほかの動作をしたときの痛みは変化がなかった。

 

●2回目治療
右首~肩甲骨内側にかけての痛みは1回目の治療後から大きな変化なし。
骨盤調整~肩関節~頸椎アライメント調整~足背~胸骨~腹部調整で痛みは若干残るもののほぼ消失。

 

●3回目治療
頭部の前屈、左後側屈で右首付け根~右肩甲骨内側まで痛みあり。前回の治療後から肩甲骨内側の痛む範囲が上方に狭くなっている。
骨盤調整~肩関節~頸椎アライメント調整~足背~胸骨で、痛い改善。さらに腹部調整にて治療前に比べて痛みがほぼ半減した。

まとめ

引き続き治療を行い経過を見ていく。

ご予約・お問合せ

▶営業時間:
平日11:00~22:00(最終受付20:30)
土曜10:00~17:00(最終受付16:00)
▶定休日:日曜、月曜、祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

TEL:03-5829-5227

Web予約(24時間受付)▼▼▼

LINEからもどうぞ(24時間受付)
友達追加

お問合せ、ご予約内容をメッセージ

折り返し、当院からご連絡させていただきます。

LINE友達追加

▶アクセス
・JR秋葉原駅 昭和通り口 徒歩2分
・地下鉄日比谷線 秋葉原駅A1出口 徒歩1分
・つくばEX線 秋葉原駅 徒歩3分
・都営新宿線 岩本町駅 徒歩5分
▶住所
東京都千代田区神田和泉町1-6-16ヤマトビル602

関連記事一覧