肩こり

■首肩こり症状

日本の職業病の第1位をご存じですか?
・男性の第1位: 腰痛(※2800万人) (第2位:肩こり)
・女性の第1位: 肩こり(※1700万人)
※平成30年国民生活基礎調査より

実に、約4人に1人が肩こりに悩んでいることになります。
街の中を歩いたり、電車に乗っている時でも、良く首と肩の付け根を抑えている人を見かけますよね。辛そうだなーといつも思っています(知らない人なので声をかけられませんが)。

肩こり アキバ手あて・指圧院

症状は、
・肩や肩甲骨の辺りが重だるい
・背中に重りが入っているようだ!鉄板が張り付いているようで辛い!
など、人それぞれです。
症状が重くなると、首肩、肩甲骨や腕に「痛み」や「シビレ」が伴ってくることがあります。これは、筋肉が硬くなるために血液の循環が悪くなったり、神経を圧迫することが原因として考えられます。また、「頭痛(筋緊張性の頭痛)」、頭痛のために「吐き気」も出てくる方もいます。

頭痛(筋緊張性の頭痛)

■首肩こりの原因

首肩こりの原因は様々考えられますが
・姿勢不良
が最も多いと言ってよいでしょう。
・デスクワークで椅子に座りっぱなし
・パソコン画面を見る時に、いつも首を前に出して覗き込む姿勢を取っている
・椅子に浅く腰を掛けて背中を丸めた悪い姿勢
・仕事に没頭するあまり、呼吸を止めている。
などなど、
思い当たることはありませんか?

首肩こりの原因

姿勢不良の他には、
・いつも重い物を担いでいる。
・美容師さんのように腕や指を頻繁に使うお仕事。
・いつもお子さんを抱っこしているお母さん
など、重労働で首肩や背中の筋肉を使うことが多い方。

そして、意外と多いのが
・イライラ
・ストレス
・寝不足
から来る肩こりです。これらは自律神経(交感神経、副交感神経)の作用が大きく影響しています。

また、内臓の状態からも肩が凝る場合があります。

■肩こり・頭痛の当院のアプローチ

症状は、肩や首、肩甲骨の辛さに出ますが、根本的には普段から良い姿勢が取れるように全身の歪みやバランスから調整していきます。
骨盤の歪み、足の左右差が無いか、脊柱の湾曲が大きくずれていないかなどです。

また、問診で内臓の状態や、呼吸の状態、食生活、過去に病気をされたことが無いかなども伺って、原因が筋骨格系以外に無いか等、様々な角度からアプローチします。