症例

【症例】頚椎ヘルニア(40代男性)

40代男性 会社員

デスクワークと立ち仕事。3年前に頸椎ヘルニアを発症。当時は整形外科、整骨院で治療を受けて完治した。しかし、この一カ月前から腕に痺れが出るようになった。頸椎ヘルニアの再発をの可能性があるため、悪化する前に治療を希望されてご来院。

治療期間・頻度

治療期間:2022年7月~9月
通院回数:4回
来院頻度:週に1回 → 2週に1回 → 3週に1回
完治後:再発防止のために、月に1回のメンテナンス中

頚椎ヘルニアの患者様の治療:秋葉原の整体:アキバ手あて指圧院

内容

原因
仕事柄、上を向くことが多いため、首に負担が掛かっての再発。
デスクワークによる猫背姿勢、長年の肩こりも要因。

治療
【1回目】
いくつかの整形外科テストを行い、首を後屈、および左に回旋させると左手の小指に痺れが出る。

・症状が出ている左側頚部の筋緊張が強いため、左側の頸部を念入りに押圧で緩めた。
・手首から肩関節までの調整
・足趾から首までの筋膜調整で表面の張りを除去。

<結果> 首を左に振り向き時の小指の痺れは多少残るものの、上を向いた時の指の痺れは消失

【2回目】1回目から1週間後
・引き続き、頸部組織の硬さを押圧で除去。
<結果> 首の向きに関わらず、指の痺れは完全に消失

【3、4回目】2週間、3週間を空けて治療
<結果> 首を左に向けた時に左肩に僅かな痛みがでていたが、4回目の治療で消失。

以降、ご本人の希望で、月に1度のメンテナンスを行って再発防止をすることにした。

まとめ
4回の治療で、頚椎ヘルニアによる手指の痺れは消失。再発防止のため、ご本人の希望により月に1度のメンテナンスを行うことになった。

問診・触診

まとめ

頸椎ヘルニアの再発で、症状が軽いうちにご来院頂いたので、症状が取れやすい状態。
頚椎ヘルニアは再発をするケースが多いため、可能な限り継続的なケアをしていただくことをお薦めする。

「 ご予約・お問合せ 」

院長紹介_アキバ手あて・指圧院 院長 瀧本正浩
ご予約は、お電話、Web、LINEの3通りから可能です。 症状に対するお悩みのご相談、お問合せのみでもお気軽にご連絡ください。院長の瀧本がしっかりとお応えさせていただきます! お一人で悩まずに、ご相談いただくのが改善の早道です! ご連絡をお待ちしております。

▼お電話でのご予約・ご相談▼

TEL:03-5829-5227

※定休日や営業時間外でもお気軽にお問合せください!

▼Web予約(24時間受付)▼

▼LINEからご予約・ご相談(24時間受付)▼
①下のボタンをクリック

②友だち追加

③問合せ内容をメッセージで送る

院長から折り返しご返信させて頂きます。

LINE友達追加

「 当院へのアクセス・営業時間 」

院内:秋葉原の整体:アキバ手あて指圧院

アキバ手あて指圧院

▶アクセス
・JR秋葉原駅 昭和通り口 徒歩2分
・地下鉄日比谷線 秋葉原駅A1出口 徒歩1分
・つくばEX線 秋葉原駅 徒歩3分
・都営新宿線 岩本町駅 徒歩5分
▶住所
東京都千代田区神田和泉町1-6-16ヤマトビル602

受付時間
11:00~20:30 
10:00~16:00