坐骨神経痛でお困りの方へ

当院の「坐骨神経痛」に対する治療法

「 坐骨神経痛でよくある症状 」

お尻・太ももの後ろ側、ふくらはぎなどに「しびれ」がある

・常にしびれている
・デスクワークをしているとだんだんとしびれてくる
・しびれを繰り返す

足の後ろ側が重だるい

「しびれ」までは感じない場、重だるい、冷たく感じる、むずむずする。

 

 

身体を前にかがむとしびれが増す

横になっているときはそれほど痺れを感じないが、立ち上がって身体を前にかがむと「しびれ」たり、しびれが増す。

「 院長からご挨拶 」

アキバ手あて指圧院・院長

アキバ手あて指圧院 院長の瀧本です。ホームページをご覧いただきありがとうございます!

足のしびれでお悩みの方・・・

足のしびれで最も多い原因は「坐骨神経痛」です。坐骨神経痛は「病名」ではなく、病気の結果として足の裏側に走る坐骨神経が刺激を受けて、痛みや違和感を発生させます。

坐骨神経痛でお悩みの方、ぜひ一度、当院にご相談ください。

治療は、国家資格を所持した院長が最後まで担当させていただきますので安心して治療を受けていただきます。

ご来院をお待ちしております!

「 坐骨神経痛とは? 原因、症状、治療法など 」

坐骨神経痛は、何らかの原因で臀部から太もも、指先まで走行する坐骨神経が背骨や筋肉や軟部組織によって圧迫を受けることによって発生します。
坐骨神経が圧迫される原因を大別すると、おおよそ下記のようになります。

<脊椎の疾患>
・椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・腰椎の分離すべり症
・その他

<骨盤部の障害>
・仙腸関節炎
・その他

<絞扼性の神経障害(末梢神経疾患)>
・梨状筋症候群
・その他

■坐骨神経

坐骨神経は腰椎の4番(L4)~仙椎の3番(S3)の神経が吻合し合い(腰仙骨神経叢)、骨盤に付着する梨状筋という筋肉の真下から骨盤を抜け、大殿筋の下を通って太ももの裏側を通ります。膝の手前で2つに分岐し、膝の裏側を通って下行する脛骨神経と、膝の前側、脛の外側を通る神経(総腓骨神経、浅腓骨神経、深腓骨神経)に名前を変えて、足の表側裏側、指先まで到達しています。
したがって、神経痛は、足の指先まで痺れや痛みが出ることがあります。

<主な整形外科的なテスト>

SLRテスト(下肢伸展挙上テスト)
・FNSテスト(大腿神経伸展テスト)

痛みが増強しないように注意しながら、全身を調整していきます。
問診やテストによって、先にあげた疾患が疑われるようであれば、病院でのレントゲン検査やMRI検査をお薦めしたうえで、治療方針を患者様と一緒に考えていきます。

■参考論文

下肢のしびれに対する指圧療法の効果:金子泰隆 日本指圧学会,第三号 平成二十六年 (2014年)

腰椎椎間板ヘルニアに対する指圧療法の効果:佐々木良 日本指圧学会,第五号 平成二十八年 (2016年)

脊柱管狭窄症に対する指圧療法を中心とした治療効果:新田 英輔, 第八号 令和二年 (2020年)

坐骨神経痛に悩む男性、アキバ手あて指圧院

「 坐骨神経痛の症状 」

症状は次の二つがほとんどです。
・神経根症状
・血液循環悪化による症状
両方とも、具体的な症状としては、
・脚の痺れ、重だるさ、ツッパリ感、痛み、冷感
などです。

これらの症状は、お尻~太ももの裏側(ハムストリング側)に出現します。表側や太ももの側面に出る場合は、別の神経の障害(大腿神経など)が疑われます。

坐骨神経痛の治療:秋葉原の整体:アキバ手あて指圧院

「 アキバ手あて指圧院での、坐骨神経痛の治療法 」

●問診
まず、どのような痛みや痺れがどこの部位に発生しているか?いつからか?どんな時に症状が出るか?いままでに大きなケガが病気をしたことがないか?生活習慣は?運動歴は?などの問診を行います。問診をすることで、症状が発生した原因を推定します。

●テスト
次に、坐骨神経痛を引き起こしている原因が何なのかを評価する必要があります。
多くは「シビレ」を伴うため、いくつかの整形外科的なテストを行い、シビレが増強しないか、疼痛が発生しないか、などの確認を行います。

<主な整形外科的なテスト>
SLRテスト(下肢伸展挙上テスト)
・FNSテスト(大腿神経伸展テスト)

●治療
押圧法による指圧療法と整体療法を組み合わせた治療を行います。お体に負担の掛からない治療を心がけていますので痛くありません。関節をポキポキ鳴らすような手技は致しません。
痛みが増強しないように注意しながら、全身を調整した後に、必要な筋肉や組織を緩め、必要に応じてお腹の指圧(内臓調整)を行って行きます。

(問診やテストによって、先にあげた疾患が疑われるようであれば、病院でのレントゲン検査やMRI検査をお薦めしたうえで、治療方針を患者様と一緒に考えていきます。)

●治療後のテスト
治療前のテストと同じテストを治療後にも行って、治療効果を確認します。

●今後の治療方針のご説明・ご提案
初回の治療にて、患者様の痛みの状態や改善度合いなどを判断し、継続して治療の必要があるかどうかなどをご説明・ご提案させていただきます。
(継続して治療を受けて頂くかどうかは、患者様のご意思を最優先に致します)

坐骨神経痛の当院での治療法、アキバ手あて指圧院

「 通院回数の目安 」

症状の強さによって通院回数や頻度が変わってきますが、概ね下記のようになります。

●通院回数(目安)

5回~10回
長年の身体の使い方の癖が原因となっている場合は、普段の私生活からの症状の戻りが出やすいので、長くかかる場合が多くあります。

●通院頻度
痛みが強いうちは少なくとも「週に1、2回」が必要です。歩行や日常生活への支障が軽減されたら「1,2週間に1回」、その後、状態を見ながら治療間隔を開けていき、再発防止のために月に1度のペースでメンテナンス通院に通っていただくという計画が理想です。

坐骨神経痛による足のしびれ・痛み・違和感」にお困りの方、ぜひ一度、ご相談ください!

著者:アキバ手あて指圧院 院長
瀧本 正浩

「 症例 」

▶疾患名:頚椎症(40代女性)
症状:頚椎症と診断を受け、首の付け根・肩甲骨が痛い
来院回数:4回 >>詳細はこちら
▶疾患名:頚椎症(40代女性)
症状:頚椎症と肩の痛み
来院回数:3回 >>詳細はこちら
▶疾患名:五十肩(四十肩)(40代女性)
症状:肩の痛みと腕の重だるさの併発
来院回数:3回 >>詳細はこちら
▶疾患名:なし(50代男性)
症状:じっとしていても首が重い感じで痛い
来院回数:2回 >>詳細はこちら

その他の症例はこちら▶▶

坐骨神経痛、アキバ手あて指圧院

料金(指圧治療コース)~初回のみ割引
Web予約限定です。

7,000円(治療代)+2,000円(初診料)

⇒ 6、000円

「 ご予約・お問合せ 」

電話お問合せ、アキバ手あて指圧院

お電話でのご予約・お問合せ

TEL:03-5829-5227

▶営業時間:
平日11:00~22:00(最終受付20:30)
土曜10:00~17:00(最終受付16:00)
▶定休日:日曜、月曜、祝日

Web予約(24時間受付)

LINEからご予約(24時間受付)
※お問合せだけでもお気軽にご連絡ください。院長の瀧本がご対応します。

LINE友達追加

「 当院へのアクセス・営業時間 」

院内:秋葉原の整体:アキバ手あて指圧院

アキバ手あて指圧院

▶アクセス
・JR秋葉原駅 昭和通り口 徒歩2分
・地下鉄日比谷線 秋葉原駅A1出口 徒歩1分
・つくばEX線 秋葉原駅 徒歩3分
・都営新宿線 岩本町駅 徒歩5分
▶住所
東京都千代田区神田和泉町1-6-16ヤマトビル602

受付時間
11:00~20:30 
10:00~16:00