症例

【症例】頚椎ヘルニア:会社を休むほど辛い痛み(40代男性・会社員)

通院回数(1回)
来院頻度(-)

頚椎ヘルニア治療。秋葉原の整体|痛み、しびれ専門のアキバ手あて指圧院

▼来院までの経緯

・・・10か月前から徐々に左の肩甲骨内側と小指側に痺れが発生。整形外科を受診しレントゲンとMRI検査の結果、軽い頚椎ヘルニア(C6/C7)と診断を受けた。頚椎ヘルニアの思い当たる原因は無いが、デスクワークのため姿勢不良ではないかと本人が自覚している。

痛み止めを処方されたがほどんど効かず、夜も眠れない痛みで1ヵ月以上も辛い状態が続いた。痛みがひどくて会社も3日間休んだこともあった。整体に行ってもそれほど改善しなかった。
その後、痛みが自然に和らいできて、多少の違和感もあるものの辛い状況は脱していた。

ところが、ここ1週間くらい前から肩甲骨が痛み出し、左腕の重だるさが出てきたことから再発。整形外科に受診しても前回と同じ結果と思い、インターネットで当院を探してご来院。

問診・触診

▼初回来院時の悩み・体の状態

▼カウンセリングでお聞きした症状やお悩み、ご希望。

・肩甲骨の内側の軽い痛みと、上腕までの左腕の重さが24時間続いている。
・仕事に支障が出ることまでは症状がでていない。

▼来院時の身体の状態。

・首を伸展(上を向く)する動作、または左に側屈すると、肩甲骨の内側と腕の重だるさが若干増す。
・頸椎ヘルニア特有の痛みの出方を示していた。

問診・触診

▼施術経過

【初回】
首の伸展と左側屈で、左肩甲骨内側と上腕の重だるさが増強する状態。枕なしで上向きでベッドに横になるだけで、軽い症状がじわっと出てくる。
肩関節の調整と頚椎を軽く調整したところ、寝た状態での症状は消失。その後、胸郭の調整、腹部指圧を行い、症状がすべて消失した。
症状が消失したので、ひとまず様子を見ることにした。

▼この患者様から頂いた感想

一度の治療で症状が無くなるとは思っていなかったので、びっくりしました。
また症状の戻りがあると怖いので定期的に通院します。

問診・触診

▼院長より

アキバ手あて指圧院・院長

この症例は、頚椎ヘルニアがまだ治りきっていない状態での再発です。再発してからの来院が早かったため1回の治療で症状がほとんど無くせたケースです。
当院ではこの方のように、頚椎ヘルニアあるいは頚椎症と病院で診断を受け、病院の薬や一般の整骨院の治療ではなかなか改善しない方のご来院が多くあります。

どのような症状の方に対しても、まずは詳しく状態をお聞きし、そこからどんな施術をしていくかを組み立てていきます。

頚椎ヘルニア・頚椎症の治療について詳しく知りたい方は、下記の解説ページをご参考ください。
頚椎ヘルニア
頚椎症

問診・触診

その他の症例